2015年 日本近代文学会関西支部秋季大会ご案内

日時:11月7日(土) 午後1時より
場所:大阪大学豊中キャンパス 文法経講義棟 文41
         → 交通アクセス&キャンパスマップ

内容
開会の辞
   大阪大学大学院文学研究科教授    出原 隆俊

シンポジウム
「《異(い)》なる関西─1920・30年代を中心として─」 
(連続企画第一回;本企画の趣旨と発表要旨はこちら

趣旨説明、司会 
    高木 彬
    山田 哲久

報告
 一九二〇年代~三〇年代の大阪文化・文学研究―『大阪時事新報〈文芸欄〉』を視座として―
                       増田 周子
 昭和初期・神戸の文学青年、及川英雄―文学における中央と地方
                       大東 和重
 熊野新宮─「大逆事件」─春夫から健次へ
                       辻本 雄一
ディスカッサント  山口 直孝

閉会の辞    
   日本近代文学会関西支部長    浅子 逸男

総会

総会終了後、大阪大学カフェ&レストラン「宙 (sora)」にて懇親会を開催します。
会費は五〇〇〇円(学生・院生三〇〇〇円)の予定です。